目の疲れチェックシート

仕事のパソコンやスマホの見過ぎで目を酷使して、目がしょぼしょぼして目の疲れが最高潮です!?

そんなお疲れの方がこのWEBサイトをご覧になっていることと思います。

目の疲れの原因がわかっていても仕事で使うパソコンを止めるわけにはいかず、スマホがなければすぐに陸の孤島状態になってしまいます。

目の疲れを解消するには、とにかく目を休ませて、休養・睡眠をしっかり取るのが一番です。
まあ、これを言ったら身も蓋もないのですが…..

目の疲れ解消方法

目薬をさす

ドライアイの目は乾燥で傷だらけになっています。防腐剤が入った目薬では乾燥した時に防腐剤が残り目を傷つけてしまいます。防腐剤フリーの目薬を使用します。

ちなみに私事ですが、ドライアイで病院に行くと『ムコス』という1点眼使い切りの目薬を処方してもらいます。この目薬は時間が経つと鼻を回って口の中に降りてきて非常に苦いです(泣)

参考:楽天で買える防腐剤フリーの目薬

【目薬】ソフトサンティア

蒸しタオルを目の上に乗せて疲れを取る

蒸しタオル女性読んで字のごとしです。なので、蒸しタオルの作り方を
1)サイズはフェイスタオルを使う
2)洗面器に入れたお湯に浸して絞って目の上に乗せる
3)さらに続けたい時は使ったタオルをポリ袋に入れて電子レンジでチンするのもひとつの手です。
4)40℃で3分間

■ドライアイへの、蒸しタオルで目を温める効果
ドライアイと診断される方27名を対象に、蒸しタオルで目を温めたときのドライアイ改善効果を調べました。その結果、約40℃で3分間(蒸しタオル1本使用)温めた場合は改善した目は5%程度でしたが、約40℃で10分間(蒸しタオル5本を連続使用)温めた場合は36%の目に改善が認められました。
以上より、VDT作業の目の酷使の実態と、疲れ目やドライアイのケアとして、家庭でもできる「蒸しタオルで目を温めること」が有効であることを確認しました。

【12枚組】蒸しタオル業務用

目の疲れに効く食品を食べる

ビタミンA

目の粘膜を保護し、網膜の機能を維持する働きがあります。不足すると夜盲症になったり、角膜が乾燥して傷つきやすくなります。

ビタミンAは、チーズ・うなぎ・にんじん・ブロッコリー・ほうれん草・かぼちゃなど多く含まれます

ビタミンB群

エネルギー代謝を促進するビタミンB1が欠乏すると、目から脳への神経伝達機能が鈍くなり、目の疲れを引き起こします。ビタミンB6は、目の水晶体と毛様体筋の主成分のたんぱく質を吸収する上で必須です。

ビタミンB2やB12は細胞の再生成を促し粘膜を保護する働きがあり、目の充血を防いで目の疲れの解消を早めます。ビタミンB2が不足すると角膜が炎症を起こしやすくなり、目の充血やゴロゴロ感を感じやすくなります。

ビタミンB類は、豚肉・ウナギ・豆腐・いわし・さば・さんま・のり・納豆・レバーなど多く含まれます


ビタミンB表

ビタミンC

細胞の結合組織であるコラーゲン合成と血管を強くするためにビタミンCが必要になります。欠乏すると目の毛細血管が弱くなり、視力低下につながります。

ビタミンCは、イチゴ・キーウィ・ジャガイモ・さつまいも・柑橘類などに多く含まれます

タウリン

タウリンは視神経の働きを正常に保つのに役に立ちます。

サザエ、ホタテ、ハマグリ、アサリ、イカ、タコなどの魚介類に多く含まれます。

目の疲れに効く3大成分を摂り込む

アントシアニン

最近はブルーベリーだけではなくビルベリー・マキベリー・アサイーベリー等色々あります。
ベリー類に含まれる紫色の色素「アントシアニン」は、網膜のロドプシンという物質の再生成をサポートし、目の疲れを解消する食材としてよく知られています。

ベリーロドプシンは目を酷使していると徐々に分解されます。

通常はすぐに再合成されるのですが、目を酷使しつづけると再生成に時間がかかってしまいます。そこでロドプシンの再生成をサポートしてくれるアントシアニンを多く摂取すると目の疲れの解消が待できます。

ベリー類が重宝されているのは、ベリー類はアントシアニン成分を15種類以上も含有しており、他の食品と較べると種類が多いことが挙げられます。摂取後4時間後には効果が現れはじめ、24時間程で消失します。 そのため、毎日食べ続けることが必要になってきます。

目の疲れを解消するためのブルーベリーの摂取量はアントシアニン色素で120~250mg、生の実であれば1日90~180gくらいです。

かなりの量で、全て食品から摂取するのは現実的ではないので、アントシアニン含有のベリー類サプリメントを活用するのが必須になってきます。

ルテイン

水晶体や黄斑部などに多く含まれている抗酸化成分。クッキリを維持するのに大事な部分を 紫外線などの有害光線からガードしています。

ルテインしかし、体内のルテインは年齢とともに 減少してしまうので、必ず食べものから補わなくてはならない重要な成分です。

しかも、ルテインは40歳をさかいにルテインは 急激に減少し、50歳では若い時にくらべてなんと約半分に減ってしまいます!

目の健康が失われる1番の原因は「加齢」、2番目の原因は「喫煙」喫煙者は非喫煙者と比べると実に3倍のリスクがあります。

最近、急速に普及しているLEDから発生するブルーライトなどの強い光も、見続けると網膜の酸化ストレスが増加しリスクが高まる可能性があります。

それらの要因に対して、レンズの役割をする「水晶体」、映像を映すスクリーンの役割をする「黄斑」には、強い抗酸化物質である『ルテイン』が多く存在し、活性酸素・有害光線から目を守っています。

アスタキサンチン

目は皮膚同様、紫外線を直接浴びるため、表面や内部でたくさんの活性酸素が発生しています。

蟹鮭いくらアスタキサンチンは紫外線によって発生する一重項酸素の消去に効果的に働くことがわかっています。

そのため、アスタキサンチンは眼精疲労だけでなく、紫外線のダメージが原因と考えられるさまざまな目のトラブル、黄斑変性症・白内障・網膜症・ブドウ膜炎などに対しても効果が期待されています。

アスタキサンチンは、赤色の魚介類に多く含まれます。
魚類では、鮭・マス・マダイ・キンメダイ・キンキ・メバルなど、魚卵・甲殻類では、イクラ・アマエビ・サクラエビ・ザリガニ・ロブスター・イセエビ・オキアミなどです。

3大成分をサプリメントで摂取する

【ファンケル】通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!

人気 5.0
価格 5.0
成分 5.0
価格:
1,000円(税込)
3大成分:
アスタキサンチンルテインアントシアニン


あのファンケルが作りました!
『1日中、スマホが手放せない・・・』
『パソコン仕事で目を酷使している』
『近くのものを見るとき、ピントが合いにくい。』
そんなことが思い当たる方に是非試していただきたい機能性健康食品です!

商品詳細・口コミ