血糖値を上げる病気とはどのようなものでしょうか?

血糖値を上げる病気とはどのようなものでしょうか?

血糖値が高い状態が続くことで糖尿病などの病気の原因になることが知られていますが、逆に病気が血糖値をあげることもあります。場合によっては血糖値の変化が病気の発症を知る判断材料となるのです。ではどのような病気が血糖値の上昇をもたらすのでしょうか。

まず内臓関連の病気では肝臓がらみのもの。肝硬変や慢性肝炎が代表格として挙げられます。それからすい臓。急性膵炎、膵欠席、さらに膵臓ランゲルハンス島の荒廃などが挙げられます。なお、膵臓ランゲルハルス島はインスリンを分泌する器官です。すい臓の異常はとくに自覚症状に欠けることが多いだけに血糖値の上昇は重要なシグナルとなります。

内分泌関連の病気でも血糖値が上昇することがあります。代表的なものでは副腎髄質ホルモンや甲状腺ホルモン、成長ホルモンの分泌異常など。ホルモンの異常は精神状態にも影響を及ぼすだけに注意が必要です。

そのほかでは貧血や肥満症も要注意。これらは日々の生活でも自覚がしやすい症状ですから、早めの必要となってきます。さらに急性肺炎なども血糖値の上昇が伴うことがあります。

病気によっては自覚症状に乏しく、気づいたときにはかなりの重症に陥ってしまうケースも少なくありません。それだけに日ごろから血糖値を確認しておくことで早期発見・治療へと結びつけることができるのです。そのためには血糖値を調べる習慣はもちろん、空腹時と満腹時の数値の違いなど、正しい数値と健康状態を読み取る知識も必要となるでしょう。

血糖値が高い時の自覚症状はどのようなものでしょうか?

血糖値の上昇はできるだけ早く発見し、適切な対策を行う必要があります。できれば糖尿病の症状が現れる前に気づいておきたいもの。そのためには日々の生活の中で現れる自覚症状に注意する必要があります。

血糖値が高い状態に発症する自覚症状の代表格が喉の渇き。正常な人に比べると異常なほど喉が渇いてしまい、水分の摂取量も多くなります。それと関連した症状が尿の量が多くなること。1度の排尿量はもちろん、頻尿という形でも表れます。とくに夜間に何度もトイレに起きる人は要注意となるでしょう。

他には疲れやすい、あるいは常に体がだるくて動かすのが辛い場合も血糖値が高い疑いがあります。また日中に眠くなる、風邪にかかりやすいといった症状もありえます。これらは糖尿病の初期症状としても知られますが、とくに体の不調や異常がないにも関わらずなんとなく冴えない、体が動かないといった場合は血糖値を調べてみる必要があります。

もうひとつ、これはかなり症状が顕在化している状況となりますが、たくさんものを食べても太らず、逆に痩せてしまう場合があります。食事の量は変わっていない野に体重が減った人、肉が落ちたような気がする人は喜んでいる場合ではありません。糖尿病が進行している可能性があるのですぐに検査を受けるべきでしょう。

人によっては自覚症状が表れない場合や、表れてもごくわずかな場合もあります。ですから確認できる症状は見逃さず、気になったら血糖値の測定や医師の診察など必要な対策を行うよう心がけましょう。