焼酎を飲み過ぎると低血糖になる?

焼酎を飲み過ぎると低血糖になる?

アルコールが好きな人にとって血糖値は非常に気になる問題です。とくに高血糖はお酒好きの大きな悩みでもあります。そんな中、焼酎はカロリーが低く、血糖値を上昇させないため、好んで愛飲している人も多いようです。飲酒を制限しなければならない糖尿病患者にとってはとくにありがたいお酒と言われています。

しかし、一方で焼酎を飲みすぎると低血糖になる恐れがあるという説もあります。字際、アルコールは高血糖・低血糖両方の原因となる可能性があるのです。

もともとアルコールが血糖値の上昇をもたらす要因はアルコールが体内でブドウ糖よりも先に吸収されてしまい、ブドウ糖が消費されない点にあります。そしてアルコールを分解している間は肝臓はそれにかかりきりになってしまい、他の作用がほとんど機能しなくなっているのです。そのため、糖分が含まれない焼酎の場合は体内の糖分が減ってしまい、逆に低血糖の症状に見舞われてしまうのです。ですから、焼酎を飲む場合にはある程度糖分も一緒に摂取する必要が出てくるのです。

このように、焼酎ばかりをひたすら飲み続けた場合には低血糖になる恐れがあるのです。といっても血糖値が気になる人が他のお酒や糖分を含んだ食べ物を一緒に摂取するというわけにもいきません。そもそも血糖値が気になる人が「お酒を飲みすぎる」ということそのものに問題があるといえるでしょう。お酒が好きな人は高血糖・低血糖両方に留意しながら自身の飲酒の習慣とつきあっていく必要があるのです。どんなお酒でもあくまでたしなむ程度が理想でしょう。

血糖値が低い場合にはどうしたら良い?

血糖値の異常といえばたいていが高血糖。糖尿病の直接的な原因となることが指摘されています。しかし低血糖もまた、健康に大きな影響をもたらす原因となります。検査で血糖値が低いと判定された場合には喜ぶだけでなく、問題がないかどうかを確認することも必要です。

基本的には50mg/dl未満より低くなると低血糖と判断されます。その結果、体がだるくなったり、気分が優れなくなる、やる気が出ず、集中力が維持できないといった問題が生じます。さらに放置すると手足が痙攣したり、意識を失うといった重大な問題が発生する場合もあります。

では数値が低い場合にはどのような対策をとればよいのでしょうか。そのためには血糖値が低くなる原因を確認しておく必要があります。まず食事の量が少ない、あるいは抜いてしまうことで空腹状態が続いた場合、それからアルコール飲料を摂取した場合。とくにアルコール摂取を習慣にしている人は注意が必要でしょう。それから過度な運動を行った際にも数値が低くなります。

もっとも注意が必要なのは薬物の服用による数値の低下です。糖尿病の薬などには血糖値を下げる効果があります。これを大量に摂取しすぎたり、空腹時に摂取することで効果があらわれすぎてしまう場合があります。男性の場合はED治療薬を摂取した際に数値が低い状態になるケースがあるので注意したいところです。

こうした原因を踏まえ、自分がどれに当てはまっているかを確認して相応しい対策をとるよう心がけましょう。