目の疲れ女性11
目の疲れは長時間のパソコンの操作やスマートフォンの画面の見過ぎなどで起きることがあるのですが、目の周辺の筋肉が緊張をしているので、顔や首、肩などの筋肉も緊張してしまって、肩こりが起きることもあります。

目の疲れを癒やすことで肩こりの症状も改善するので、目の周りのツボを押したり、温めた濡れタオルで眼の筋肉をほぐしたりすると目の疲れと肩こりを同時に解消することができます。

目の疲れはメガネやコンタクトレンズをしている場合には、これらの調整をし直すことで症状が軽減される場合があります。とくにコンタクトレンズは空気を目の表面を乾燥させることがあるので、目の疲れが出やすい傾向があります。目の疲れを癒やすためには患部を温めるのが一番良いのですが、目の周りの骨の部分を軽く押すと血行が良くなるので、疲れを癒やすことができます。

肩こりが同時に起きている場合には首筋が凝っている場合があるので、首の状態を治すことによって目の疲れと肩こりを同時に解消することができます。目の疲れはひどい場合には眼精疲労になって痛みが激しくなってしまうので、目薬などをこまめにして、症状が軽い時に対処をしておくと、眼精疲労になりにくくなります。