目の疲れ女性40

パソコンなどを明るい画面を見る時間が増えると、目の筋肉が凝り固まって血行が悪くなったり、まばたきが減るため目が乾燥して、目の疲れにつながります。

目の疲れがひどくなると頭痛や肩こりなどの症状が進行することも考えられます。長い時間目を酷使して目の疲れがでる場合は、1時間に10分程度は休憩をとり、目を休めることが大切で、簡単にできるストレッチやツボなどを押して目の疲れを解消することも必要なことです。

目の疲れをとるには、目のまわりのツボを圧力刺激するマッサージすると、目だけではなく頭や首、肩などもスッキリするため集中力がとぎれた時に行ないます。

目のまわりの骨を指の腹で押して、気持ち良いと感じるところがあれば少し強めに押します。皮膚をこすらないように眼球を押さえつけることのないように優しく刺激します。

また、こめかみに中指と薬指をあてて、力を入れすぎないように円を描くように押し回します。さらに後頭部の毛の生え際の頭蓋骨と首の骨の境目にあるツボなども効果的です。

ツボ押しの他に目の疲れを改善するストレッチもあります。まぶたを固く閉じ、その後大きくパッと開きます。これを数回繰り返した後、目をゆっくり上下左右に動かし、最後に右回りに1回転、左周りに1回転、ゆっくりと円を描くように両目をまわします。

目の疲れには休憩をとり目を休めたり、ツボを優しく押すことで改善するため、やってみる価値はあります。