目の疲れ女性16
目の疲れと頭痛は同時に起きることがありますが、これらを解消するためには目の周辺の筋肉を温めることが効果的で、水で濡らしたタオルを電子レンジで1分程度温めてから目の上にのせると目の周辺の緊張がほぐれるので目の疲れと頭痛が同時に治ることがあります。

目の疲れはピントを調節する筋肉が疲れてしまうことが原因なので、目薬などをしてから目を休めると目の疲れが回復します。頭痛は肩こりや眼精疲労が原因で起きることがあるので、目の周辺をマッサージしたり、肩こりを解消することで痛みをなくすことができます。

目の疲れはスマートフォンを暗い場所で見たり、パソコンを長時間することで起きることがあるのですが、電子レンジで温めた濡れタオルを使うと痛みを解消できます。

目の疲れは眼球やまぶたを動かす筋肉の疲れが直接の原因なので、固まった筋肉をほぐすことで疲れ目を改善することができます。また目の周りのツボを刺激すると頭痛や肩こりなども同時に解消できるので、目の周りを指で押しながら1周したり、こめかみに中指と薬指を当てて、円を描くように押すと意識的に目の疲れを取ることができるので、セルフケアで治したい場合にはツボを押して目の疲れを癒やします。