目の疲れ女性14
目の疲れが発生する原因は様々ですが、現代では特に、長い時間、集中してスマートフォンやパソコンなどを見続けていることが原因である場合が多いです。

同じ画面を見続けることによって、目の周りの筋肉が凝り固まってしまう、または血の流れが悪くなってしまうことで老廃物が溜まりやすくなってしまう、その結果として目の疲れが出やすくなってしまうと言う具合です。

こうした目の疲れを解消するためには凝り固まった筋肉をほぐすこと、血流を良くすることが効果的で、そのためには目の周りを温めることがとても有効です。目の疲れを緩和するために目の周りを温める際には、蒸しタオルやお湯で濡らしたタオルを使うのが良いです。

蒸しタオルは、ハンドタオルを水で濡らして袋に入れ、30秒から1分程度、電子レンジにかければ完成します。電子レンジから出した直後は温度が高いので、30秒程度、袋に入れたままにして冷ますと安心して使用できます。

お湯で濡らしたタオルの場合も、お湯の温度はあくまでも適温であること、きちんと絞っておくことが求められます。後はこうした蒸しタオルなどを両目の上にのせるだけです。できれば仰向けに横になってのせると安定しますし、首などに負担がかかりません。

また蒸しタオルなどの上から別のタオルをかぶせると、より温める効果がアップします。1日の終わりにこれを行うと、その日の目の疲れを解消することができます。