疲れ目女性

目の周りの筋肉が緊張状態になると遠視に、緊張が直筋ではなく斜筋に生じた場合は近視になってしまいす。
近くをずっと見たり、長時間のテレビ、スマホ、パソコンの凝視によって、目に負担をかけることで眼精疲労が引き起されます。

また、目に悪い生活習慣や慢性の疲労、虚弱体質や長期間のにより目を動かす筋肉を緊張させしまいます。眼筋の緊張が視力低下への引き金になります。

さらに、頬杖を突いて本を読んだり、横になってテレビを見たりすると、見る対象物に対しての距離が左目と右目に差が生じて、視力に左右差がでてきます。

この状態が長く続くと、片方の眼ばかり使うことになるので、ますます視力低下が進行します。

視力が低下し始めたら、戻すのは大変な時間と労力がかかるので、普段から良好な生活習慣をおくり、目にも休養を与えるなど心と体に余裕を持ちましょう!

眼球をよく動かす

目の疲れのは、眼球を意識的に動かすことで目の周りの筋肉をほぐし、緊張状態から解放させてあげましょう。

背筋を伸ばして真正面を向き、顔を固定し視線を大きく上下にゆっくりと動かします。続けて左右、左斜め上から右斜め下、右斜め上から左斜め下の順に動かしていきます。

その後に右回り、左回りにぐるっと回転させます。この目の運動中は、顔は当然ですが、首や肩も動かさず、視線だけを大きく動作させるのが重要な点になります。

目が疲れる原因の多くは、目の酷使に影響を受けるものです。今のようなマッサージや体操を頻繁に実践すれば血の巡りが良くなり、視界もスッキリしてきます。

それでも目の疲労感が取り除かれないような時は、速やかに眼科へ行くことも大事だと考えます。目の疲れを重症化させると心と身体にも影響が及びますので、確実にケアしておきましょう。